SHOOTING農業×ドローン

農業×ドローン

農業ドローン活用で
驚くほど“ラク”“効率的”

農業ドローンの活⽤は、深刻な労働力不足にある
農業のあらゆる課題の解決に役立ちます。
農家の方にとって最高のお手伝いをさせていただき、
北海道の農業の未来に貢献します。

こんなお悩みはないですか?

散布作業が重労働

  • 極寒での融雪剤散布
  • 猛暑での農薬散布
  • 時間と労力がかかる
  • 他の作物を見たいのに手があかない

私たちにお任せください!

散布作業の
重労働から開放

ドローンを活⽤することにより、時間・⼈員の大幅な削減を実現します。

  • 1時間で16haの
    散布
    1時間で16haの散布
  • 最⼤9mの
    広域散布幅
    最⼤9mの広域散布幅
  • 粒剤等の散布も可能
    (1時間に1トンの排出量)
    粒剤等の散布も可能(1時間に1トンの排出量)

活⽤事例

  • 融雪剤散布

    融雪剤散布

    上空からの散布により作業時間の削減。寒い中での作業によるストレスも軽減。

  • 種⼦散布

    種⼦散布

    液状肥料・種子等も広域散布により作業時間・労力の大幅な削減。

  • 農薬・除草剤散布

    農薬・除草剤散布

    時間・労力を要していた従来の散布方法から飛躍的効率化を実現。

※農薬・融雪剤等はお客様でご用意の方、お願い致します。

水稲栽培での活用事例

3月 融雪剤散布
4月 種子散布
5月 農薬灌注

・苗立枯病
・ドロオイムシ

6月 除草剤散布
7月8月9月 農薬散布

・いもち剤
・カメムシいもち混合剤施用
・殺虫剤

ドローン活用
ドローン活用

農業ドローン活用で
時間・⼈員の削減!

時 間 動力散布機械に比べて
70%削減
人 員 1ha約18人分
※1人で1ha1.5時間かかる場合の計算
※令和3年度農業分野におけるドローンの活用状況。農林水産省 農業局技術 普及課調べ
お客様に合ったプランと
ご料金をご提案します
まずはお問い合わせください!